供養の形はオンリーワン・ペット葬儀の今を知ろう

ペット葬儀後も大切にしておきたい法要の基本

法要を大事にする~人間と同じように弔う~

ペットも人間と同じように忌日を大切にしてあげたいものです。家族の一員として人間と同様の法要を行うことは、結果として飼い主のためにもなります。

法要日に遺骨を納める

人間の場合、仏式葬儀を行った後は四十九日の法要の際に納骨するのが一般的です。しかしペットには特に決まりはありません。火葬後にすぐペット用のお墓や納骨堂、合同供養塔に納める方も多いようです。自宅に遺骨を持ち帰って手元供養していた方は、人間と同じように四十九日や一周忌などの法要日に納骨するのも良いでしょう。実際にそうしている方も増えています。

ペット葬儀会社の意見

人間と同じように初七日法要も執り行います。(ペット葬儀会社勤務)

弊社では、ペットが亡くなられてから7日目に人間同様に初七日法要を行います。初七日法要は葬儀後に初めて行う供養ですから、とても重要であると考えています。そのため住職をお招きし、ペットが迷わず旅立てるようしっかりとお経をあげてもらいます。飼い主の皆さまにもぜひお集まり頂き、ご焼香を行ってご冥福をお祈り頂ければと思います。

四十九日法要ではでは位牌を持ち帰ることができますよ。(ペット葬儀会社勤務)

亡くなってから四十九日まではあの世とこちらを行き来している状態であり、四十九日の法要はペットにとっても飼い主にとっても大きな区切りでもあります。弊社ではこの日お持ちいただいたペットのお位牌に、僧侶から入魂して頂きます。当日にお位牌をお持ち帰り頂けるので、そのままご自宅のお仏壇に安置してください。お花や食べ物もお供え頂くと、きっとペットも喜ばれると思います。

僧侶による法話も聞ける

女性

ペットが亡くなると、悲しみで何も手に付かなくなったり自分自身を責めてしまったりする「ペットロス」に陥る方も少なくありません。ペット葬儀を行って寺院と繋がりを持つことは、こうしたペットロスの防止にも役立ちます。初七日や四十九日の個別法要や合同の月例法要といった各種の法要はもちろん、僧侶による温かな法話を聞くことができます。これによってペットがいなくなった悲しみを癒し、ペットの死を受け止めて元気をもらうことができるでしょう。

TOPボタン